ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

本の購入2011-2012と中公クラシックス

私は過去の痕跡を残そうといくつかログを取っています。そのひとつが本の購入履歴です。区切りが良いので、始まりの2011年5月から2012年12月までの購入数をリスト化してみました。

 

購入数

f:id:billy-the-kid:20130101214422j:plain

 

だいたい平均すると月10冊ぐらい買ってるようです。もちろんまじめな本ばかりではないです(笑)。3日に1回ぐらいのペース。2012年の後半は図書館で借りることが多かったので減ってるみたいです。年10万以上は使ってるようです。

多いか少ないかの判断はこれを見た人に委ねますが、週1、2冊ペースが自分にとっては落ち着いて読める量みたいです。ほかの方のブログなどを拝見してると年1000冊、1日3冊ペース読みたい、とか書いてらっしゃるのを見たことがありますが、この人超人か!?と思ってしまいます。

 

読んだ本の数ほど身に付いていないです。読書はただの趣味と割り切ってしまえば気が楽なので、今はそういうふうに考えています。

本屋に行くと買いたい本を見つけてしまうので自然と増えてしまいます。今年はだんだん買う本の数を減らして、読む本を厳選して精読したいです。

 

 

<中公クラシックス>

私が10年来購入を続けている本のシリーズに中央公論社の中公クラシックスという新書シリーズがあります。昔、「世界の名著」シリーズと呼ばれて刊行されていた本の新書による新装版といったところでしょうか。

ジャンルは幅広く、古典中心で古今東西の名著が刊行されています。

<西洋>
ニーチェスピノザ、ルソー、デカルトハイデガーキルケゴールアダム・スミスモンテーニュ、ショウペンハウアー、マキャベリヘーゲルフロイト新約聖書、コーラン、etc.

<東洋>

荘子、孟子、老子史記、etc.

<日本>

梅棹忠夫宮崎市定新井白石夏目漱石折口信夫日蓮、一休、親鸞日本書紀、葉隠、福沢諭吉高橋是清聖徳太子、etc.

 

途中の刊行までは定期的に読んでいたのですが、だんだん購入だけして本棚に積んでおくようになってしまいました。ですが、おすすめシリーズです。私の人生の指針を与えてくれたシリーズといっても過言ではないです。

 

続きもいつか読む!(笑)

http://www.chuko.co.jp/classics/

 

 

ツァラトゥストラ〈1〉 (中公クラシックス)

ツァラトゥストラ〈1〉 (中公クラシックス)