ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

世界のジョーク

ジョークは好きですか?

 

私は結構目がないです。人を愉快にさせるフレーズ、あるいはエッジの利いた皮肉や風刺を短い言葉で的確に表しているジョークには感心させられます。きわどいエスニックジョークやブラックジョークも好きです。個人で楽しむ分にはいいですよね。影響力がある人が公の場で発言すると問題になりますが(笑)。

 

ちょっと前提知識がないと楽しめないものもありますね。落語やコメディ(モンティ・パイソンが有名でしょうか)でよく出てきます。

※余談ですが、池袋演芸場で落語を見たときに、落語家の方が「森元総理が落語が好きで、よく見に来る」と行っていたのを思い出しました。テレビで失言して叩かれていたのは落語好きが高じて口を滑らせてしまったからかもしれません。

 

アメリカのコメディドラマでは機知の富んだ会話劇が繰り返されます。フルハウスやアルフは日本でも有名です。よく好きで見てました。

 

 

世界のジョークをちょっとピックアップしてみました。

 

うそ

[1]
うそには3つの種類がある。単なるうそと、必要に迫られたうそと、統計である。
(イギリス政治家 ベンジャミン・ディズレーリ

[2]
うそというものは無駄に使ってはいけない
いつ必要になるかわからないから (マーク・トウェイン

 

忠告

[1]
 だれもが必要とし、だれもが与えたり、誰もが欲しがるが、
  ほんの少ししか受け取れないものは何か?

 忠告(アドバイス)

[2]
結婚するほうがいいか、しないほうがいいかと聞かれたら、
私はどちらにしても後悔するだろうと答える。 (ソクラテス

[3]
みんなのアドバイスをきいて家を建てると、建てた家は大抵いびつである。
(デンマークの諺)

 

動物

[1]
ナメクジをはじめて見たカタツムリ、
「住宅難もここまできたか」

 

 

[1]
溺死させた人間の数だったら、海神ネプチューンは酒神バッカスにかなわない。

[2]
 アイルランドの葬式と結婚式の違いは?
 酔っ払いの数がひとり少ない。

 

シック・ジョーク ※ブラックユーモアのこと

[1]
子「マミー、オイディプス・コンプレックスって何のこと?」
母「黙ってキスしなさい」

[2]
子「マミー、アメリカなんか行きたくない」
母「黙って泳ぐのよ」

 

ソ連

[1]
あるロシア人がクレムリンの中を叫びながら駆け回っていました。
「フルシチョフはばかだ!」

ただちに逮捕され、23年の刑に処せられました。
党の書記長を侮辱した罪で3年、国家機密をもらした罪で20年。

ケネディ大統領が好きだったジョークのようです。

[2]
ある国の科学者のグループは、アダムとイブはロシア人であると主張します。
「彼らは食べ物はリンゴだけで、衣服もいっさい持たず、住処であるエデンの園から自由に出ることを禁じられていた。であるのに、彼らは自分たちが天国にいるのだと信じて疑わなかったからである」

[3]
「地獄に行くとすれば、資本主義の地獄と共産主義の地獄とどちらがいいでしょう?」

共産主義の地獄になさるべきです。しょっちゅうサボタージュがありますから」

 

 

世界のジョーク事典

世界のジョーク事典