ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

語学エッセイというジャンル

半年ぐらい前から語学エッセイなるものを読み始めました。ものによっては言語学エッセイとも、語学入門書とも、海外旅行記とれる内容です。

語学の入門書として、あるいは語学への関心・興味を持続させるために読もうとしたのが最初であり、すぐにその面白さに気づきました。

言語学 - 語学 -言葉の話されている地域の文化・歴史は切っても切れない間柄です。語学だけやっていても無味無臭に感じて、よほどのモチベーションがないと長続きしないと思います。外国語が話されている地域に興味・関心があるから勉強しようと思うわけです。

語学エッセイを読むと、著者の体験を通して、勉強している言葉が色彩を帯びていく感じがします。教科書の上の薄っぺらい単語や文法が立体的な、あるいは空間的な広がりを持って語りかけてくるのです。

 

お金と時間はそうそうありませんから、海外旅行などをして言葉のイメージを膨らませる機会はなかなかない!

でも、語学エッセイを読めば、疑似体験ができるわけです。

しかも、言葉に精通した著者が書いていますから、面白く為になる視点で書かれているのでモチベーションUP←コレ重要!

 

 勉強としても趣味の読書としても楽しめる語学エッセイはお勧めです。

 

 

今まで読んだ本(少ない!)

言語学、語学全般

言語学への開かれた扉

言語学への開かれた扉

外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

外国語の水曜日―学習法としての言語学入門

ロシア語

ロシア語の余白

ロシア語の余白

 ラテン語

ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法

ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法

ドイツ語

ドイツ語学への誘い―ドイツ語の時間的・空間的拡がり

ドイツ語学への誘い―ドイツ語の時間的・空間的拡がり

※ドイツ語史入門の本です。

 

あと少しずれますが、
テルマエ・ロマエの作者ヤマザキマリさんの海外体験漫画は面白いです。
この人すごいです!

 

最新刊でてました。

世界の果てでも漫画描き 3 チベット編 (創美社コミックス)

世界の果てでも漫画描き 3 チベット編 (創美社コミックス)