ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

柳家喬太郎独演会

落語の話です。

 

地元に落語家の柳家喬太郎(キョンキョン)が来るというので
見に行ってきました。

初めて生で見ましたが面白かったです。

新作落語はキョンキョンの体を使った表現と細かい観察眼が光り、華があり、
古典落語は、古さを感じさせず、笑えてます。

f:id:billy-the-kid:20130420160522j:plain

 

最後の古典落語「抜け雀」は面白いのにしんみりするところがあり、
なんともいえぬ余韻がありました。

面白いけどしんみりする話。
落語は日本話芸の最高峰であることを感じずにはいられませんでした。

 

キョンキョンはニコニコに上がっていたコロッケそばを見て知りました。
有名な「時そば」の落語ですが、
この落語の場合「コロッケそば」が的を得ています。

落語本編をする前は「枕」という本編につながる話をしてから
本編に入るのが普通です。

このひとの「枕」はある意味本編です(笑)