ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

言語の本について

言語の本で

読んでいていて共感が持てる著者が多いことに気づいた。

 

もしかしたら

どんなに言語を学んでも、母国語話者には勝てない、

あるいは自らの限界というものに気づいており、

謙虚な姿勢で学問に望む人が人が多いからかもしれない。