ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

RとL

RとLの弁別は日本人には難しい。

難しいのには理由があるようです。

第2言語習得研究(SLA:Second-Language Acquisition)では、「正の転移」「負の転移」という言葉を耳にします。学習心理学分野でも出てくる言葉です。ある学習をする際に今まで学習された内容がプラスに働き、習得が容易になるようなら「正の転移」、逆にマイナスに働き、学習の妨げになるようなら「負の転移」といいます。

 

どちらに働くかはその人の経験とモノによるでしょうが、日本語話者にとって、発音分野は母語の干渉(負の転移かな?)が非常に強く現れてしまうようです。

 

よく言われる例えですが、Rice(米)と言ったつもりがLice(シラミの複数形)に聞こえた、なんてことがありうるということです。

 

この英語の「R」と「L」の区別できない要因は日本語の「ラ行」にあります。

 

日本語のラ行は、音声学ではは「歯茎たたき音(tap)」と呼ばれる調音をしています。音の出し方は一回舌先を上歯茎に叩きつけて離すことで調音します。

英語の「R」と「L」は簡単に言うと、

「R」歯茎接近音: 舌先を上歯茎に近づけるが、接触させずに調音する。

「L」歯茎側面接近音: 舌先を接触させたままで調音する。

 

日本語のラ行は舌先を歯茎に一度つけて、はなすわけですから、丁度「R」と「L」の中間みたいな音になってしまいます。この音が染み付いているので「R」を聞いても。「L」を聞いても同じ音に聞こえてしまうようです。

 

本日、RLをしばらく練習していました。少し耳が慣れたのか、おそらく下記のような区別がありそうだと感じています。

「R」:「u」音に近い音が聞こえるラ音。曇っていてどんよりした濁った「u」音

「L」:濁った「u」音がないラ音。

 

まだまだ聞き取りは難しいです。。(´・ω・`)

 

英語音声学入門

英語音声学入門

外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)

外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)