ETWAS - 言語学事始 -

拙筆ながら言語、歴史、文化をテーマに書いています。応援していただけると嬉しく思います。

「ふええ」の原点?のらくろ漫画全集を買いました

「ふええ」と聞いて何を思い浮かべるだろうか?

 

ふぇぇとは - 意味/元ネタ/使い方|2ch

 

 

ネットでは戦前の「のらくろ」にて日本で最初に使われた、
とまことしやかに囁かれているが、

調べると

発売当時は「フエー」であり、

その後の復刊では「ふええ」になったそうである。

http://yomusoku.com/?p=2508

日本最古の「ふええ」は『のらくろ』じゃないかもしれない(画像あり)。 - メロン100%

 

そもそも「のらくろ」知ってる人はどれくらいいるのだろうか?

戦前に発表され、前後まで続いた田河水泡著の人気漫画である。

アニメだと旧ドラえもん大山のぶ代)が声優だったようだ。

 

私の場合、幼いころ「のらくろクン」というアニメを見た記憶があって、
うっすらと知っていた。

物心ついてからは日本のバックスバニースヌーピー的な位置づけだと勝手に思っている。

のらくろ - Wikipedia

 

 

帯付き。ヤフオクにて4800円で購入。

f:id:billy-the-kid:20140709204829j:plain

 

田河水泡肉筆サイン入り。サイン入りじゃないもののあるのかはよく分からない。。

定価4500円。第2刷 昭和50年。(1975年)

落札価格からすると、新品同様でもない限りプレミアはつかないと思われる。

 

説明では、状態:B判定。

古書臭はするけど、見た目不快感もないし、満足な感じ。

新品同様だったら私は2万ぐらいの値をつけるかもしれない。

 

のらくろは当時から人気だったらしいので、相当数数が出回っているようだ。

【コレクションの法則】

人気がある

⇒これは価値があると考え、みんな大切に保存する

⇒現存数多い

⇒市場価格安い。

f:id:billy-the-kid:20140709204755j:plain

 

初版は初版42年(1967年)みたいだけど、初版はサイン入りかは謎。

f:id:billy-the-kid:20140709205018j:plain

f:id:billy-the-kid:20140709205057j:plain

 

 

f:id:billy-the-kid:20140709204950j:plain

 

田河水泡サイン。この本何部発行なんだろう?

f:id:billy-the-kid:20140709205141j:plain

 

256ページの「のらくろ軍曹」に例の一コマがある。

f:id:billy-the-kid:20140709205755j:plain

ここが昔は「フエー」だったようだ。

 

 

すくなくとも「ふええ」は1967年には存在していたようである。

 

 

今後「ふええ」に出会った時は「のらくろ」のことを頭の片隅に思い出して欲しい。

 

 

 

幼女「ふええ・・・」

 

いえ、なんでもないです・・・

 

 

 

P.S.のらくろ館なる博物館が東京都江東区にある模様。

のらくろ館

 

 

 

追記

昭和44年第1刷は 3300円

当時と物価が4倍ぐらい違うので15000円ほどの豪華本だったようです。

こちらも田河水泡先生のサイン入りのようです。